Sub menu Close
TopPage
茶道具TOP
茶入
薄茶器
茶碗
茶杓
掛け物
花入
香合
香炉
蓋置
水指
建水



                           【茶入】
 点前に使用するための、濃茶を入れる陶製の容器(小壷)を茶入と言います。通常は、象牙製の蓋をし、仕覆を着せて用います。
 元々は薬味入・香料入などに使用されていた容器を転用して、伝来当時とても貴重品であった茶を入れたものと考えられます。一説には、京都建仁寺の開山栄西禅師が宋から帰朝した際に、洛西栂尾の明恵上人に茶の種を贈るのに用いた漢柿蔕(あやのかきべた)の茶壷が始まりと言われます。
 茶道の点前は流派を問わず茶入を基準として工夫し創作されたため、茶入(濃茶)が茶の点前を産み、複雑多岐にしたとも言えます。
 江戸初期までの茶人にとっては、茶入は一国一城に匹敵する程の価値を持つ貴重なものであり、時には家柄や資格をも左右すると考えられていました。また、中には一個の茶入のために命をかける様な人もいました。そもそも小器でありながら陶器のあらゆる分野の鑑賞面を持っている事が価値の所以とも言え、現在においてもそれは変わりません。ただ、貴重な茶入ほど宝物視され、一般の目や手に触れる機会が少ないのも、その一握りにも足らない程の小ささ故の残念な現実です。

 茶入鑑賞の糸口はまずその姿にあるといえます。千利休はたえず名物茶入の切型を懐にたずさえ、新たなる茶入と出会ったときにかならず所持の切型と対照してその評価を見定めたといいます。ことに豊公の諮問を受けて、豊公が手に入れた茶入、あるいはまた武将にさずける茶入などの品定めをし、そこでその茶入の役割がみごとにはたされることになります。戦国時代茶入が一国一城にかわるといわれましたが、その品定めこそが利休の役割であり、その場合にこそ、茶入の姿・形が役割をきめることになります。
 すでに「君台観左右帳記」には諸種の形の茶入が記載されていますが、ここにおいてもまず茶入が形から評定されたことを証明しています。
 茶入は大別して唐物と和物に分けられ、唐物では漢作とただの唐物があり、和物では瀬戸を中心に桃山時代以降各種国焼が登場します。
 形の変遷も唐物にはじまり、漢作とただの唐物との間には共通したものが多いですが、すべて漢作のほうがロクロ(轆轤)が冴え、姿が整っています。一方和物では、瀬戸にはじまると述べましたが、形の面でも瀬戸でほとんどの唐物型が写され、ようやく桃山時代およびそれ以降になって、唐物にない姿が生ずるようになりました。すなわち瀬戸後窯から国焼になると新しく茶匠好みの形が工夫され、ことに遠州好みの場合などは数種の形が同時に各地の国焼で焼かれるようになり、これを遠州切型とよんでいます。
 次に基本になる唐物の形の名称をあげると、肩衝・茄子・文琳・瓢箪・丸壺・大海(内海)・鶴首・尻膨などで、これからさらに少しずつ形を変えて芋子・鶴子・釣(弦)付・手付・水滴・手瓶・瓶子・常陸帯・柿・耳付・柑子・円座・皆口・鮟鱇・胴高・飯胴・勢高・擂座・阿古陀・樽などがみられます。そしてその大半は和物になってまず瀬戸で写され、のちに国焼でも写されるようになりました。
 もちろん日本で独自に工夫された形も少なくありませんが、それも多くは唐物の意匠から変形したものといえます。たとえば胴締・達磨・餌畚などがあり、また同じ瓢箪でも唐物は端正で締まりが強いが、和物では生じめや多少歪みのある瓢箪などもみられるようになり、ことに瀬戸の後窯以後になると、左右相称のバランスが崩れ、凹凸や箆取りなども自由におこなわれるようになりました。このような変形や箆取りは唐物にはいっさいみられません。わずかに縦の押し箆を使った阿古陀風の変形をみるにすぎません。
 形の鑑賞においては、甑・肩・胴・腰・裾・畳(盆)付などこれをみる急所が存在しています。
 もう一つ重要なのは置形の鑑賞であり、置形とは点前をするときに正面にする部分をいいますが、これは形容の上に釉の景色が加わり決定されます。
 紬の景色の鑑賞としては地軸・上釉の状態(色・窯変・なだれのぐわい)が重要な要素をしめます。これらはまた窯分とも関係してきます。
【茶入の部分名称】



茶入の種類 解  説
【唐物】からもの 中国(主に宋・元時代)において生産されたもの。
【島物】しまもの 中国南部や南方諸国で生産されたもの。中国・朝鮮以外で焼かれた舶載品と思われるものの総称。
【瀬戸】せと 尾張瀬戸地方で焼かれ、いわゆる瀬戸釉がかかったものの総称。
【後釜】のちがま 破風窯以降、安土桃山から江戸初期に瀬戸で生産されたもの。
【国焼】 瀬戸で焼かれたものを本窯とし、それ以外の日本各地の諸窯で生産されたものの総称。
                      
【茶入の形状】
小壺系茶入 解  説
【茄子】なす
 丸形のやや下膨れ、口造りが細まる、優美で上品な形状の小壷。全体の形が茄子の実に似ている事に所以する名称。唐物茶入の最上位。利休以前は真の盆点には茄子の茶入以外は用いなかったと言われる。
【文林】ぶんりん
甑が低く、肩から胴へと張りだした美しい形状の小壷。全体の形が文琳(林檎の異名)の実に似ている事に所以する名称。茄子・肩衝と共に唐物茶入の代表的な形。
【文茄】ぶんな
文琳と茄子の中間の形をした小壷。茄子・文琳の夫々の頭文字から付けられた名称。
【尻張】しりはり
上部よりも下部(尻)の方が張った様に膨らみを帯びた形状の小壷。
【丸壺】まるつぼ
胴が平丸形に膨らみ、甑がやや長く、そのため相対的に口造りが高い位置にある小壷。
【瓢箪】ひょうたん
全体の形が瓢箪の実に似ている事に所以し、古くからあった名称。普通は上部よりも下部の膨らみが大きいが、稀に逆転したものもある。甑は短く、口造りに捻り返しがほとんど無い。
肩衝系茶入 解  説
【大肩衝】おおかたつき
男性的なやや大きめ(高さ約8・9センチ以上)の肩衝。
【小肩衝】こかたつき
女性的な撫で肩のやや小振りの肩衝。
雑唐物茶入 解  説
【瓶子】へいし
全体の形が酒器の瓶子(徳利)に似ている事に所以する名称。普通は裾の部分が外部に反っていて、反っていないものを樽と言う。
【瓜】うり
膨らんだ胴に窪んだ数本の縦筋がある茶入。全体の形が阿古陀瓜(カボチャ形)の実に似ている事に所以する名称。
【芋の子】いものこ
口造りが大きく、甑がほとんど無く、肩が丸く張り、寸胴の俵型の茶入。全体の形が芋の子(小芋)に似ている事に所以する名称。唐物には少なく、むしろ瀬戸茶入に多く見られる。
【大海】たいかい
大ぶりで口が広く、甑が低い平丸型の茶入。元来は茶の保存用(挽溜)であったのを、茶席で用いる様になったと言われる。
【内海】ないかい
大海の小ぶりな物、或いは口径の小さい物を言う。
【驢蹄口】ろていぐち
胴が丸壷形と樽形の中間で、口造りの捻り返しがラッパ状に開いた茶入。捻り返しの形状を驢馬の蹄に見立てた事に所以する名称。
【鶴首】つるくび
全体の高さの半分程の長い甑の茶入。甑の形状を首の長い鶴に見立てた事に所以する名称。但し、口造りは細く絞られているわけではない。
【擂座】るいざ
甑の周りに鋲の様な半球形の粒が並ぶ茶入。擂座とは、陶土で茶を擂るために周囲に鋲を打った擂り粉木の頭の形。擂茶・塁座とも書く。
【耳付】みみつき
肩の部分に小さな耳状の突起を持つ茶入。耳の数は1〜4個。
【弦付】つるつき
肩の部分に弓状の手が付いた茶入。釣付とも書く。
【達磨】だるま
算盤の珠の様な形状の茶入。達磨の坐像に見立てた事に所以する名称。
トップへ戻る


ひめの倶楽部美術館に関するお問い合わせは下記までお願いします。
 
ひめの倶楽部美術館トップへ戻る
〒935-0021 富山県氷見市幸町25
TEL: 0766-74-0056 /ファックス: 0766-74-5231

 

姫野精工所